オシャレ 着こなし

トップス・ボトムスの着こなし方

アウター・トップス・パンツなどのカットー・ジレ・ジャケット・パーカー・カーディガンコート・パンツ
・・・の着こなしについて

トップス・ボトムスの着こなし方エントリー一覧

カットソーのオシャレな着こなし方
少し大人な男性におすすめのファッションが、カットソーです。春や秋など気候がよいシーズンには、長袖のカットソーをさらっと着るだけで、洗練された大人カジュアルになります。冬は重ね着もよいですね。最近は男性用のおしゃれなデザインのカットソーがたくさんあります。女性に好感度が高いのが、Vネックでシルエットがややスリムなデザインです。1枚で着る場合は、大きく襟ぐりがあまり大きく開いていないものがおすすめです。コーディネートが苦手な方でも、ボトムスをジーンズなど、何にでも合うものを選べば、簡単に好感度が高い...
シャツのオシャレな着こなし方
シャツは、清潔感やキチンと感を与えてくれるので、大人系には持って来いのアイテムです。そのまま一枚で着たり、インナーの上に羽織ったりできるので、一年中活躍してくれます。色々な種類・柄のシャツがありますが、一枚持っていると便利なのは白のシャツです。白いシャツなら下にどんなパンツを持ってきても似合います。オシャレなスニーカーやサンダル・ショートブーツなど、靴によって雰囲気も変わります。シャツはしわが気になるのもですが、しわ加工の施されたシャツなら扱いも簡単でオシャレに着こなせます。また、ロールアップタ...
Tシャツのオシャレな着こなし方
Tシャツは、最も使いやすいオシャレアイテムです。使い方としては、・デザイン性の高いものをそのまま着る・インナーとして着る・重ね着するといった着こなしが考えられます。元々どんなパンツにも合わせやすいので、デザイン性が高ければそれだけでオシャレな着こなしができます。インナーとして着る場合は、アウターとのバランスを考えます。アウターがシンプルな場合は、ちょっと派手なプリントTシャツでも構いません。アウターが柄物の場合は中は無地、といった着こなしをします。重ね着は、ピタッとしすぎないように外側のTシャツ...
ポロシャツのオシャレな着こなし方
ポロシャツは体に合うサイズを着ないと、野暮ったく見えてしまいます。自分のサイズに合ったポロシャツを着ることが基本です。さらに裾はパンツの中にはいれません。入れないようにポロシャツは作られているので間違っても入れないようにしてください。何の変哲もないポロシャツでも、重ね着をするとオシャレな着こなしになります。白のポロシャツならインナーは黒やグレーにすると引き締まって見えます。逆に、黒のポロシャツなら白、グレーのポロシャツなら黒を合わせてみます。シンプルなポロシャツなら、着こなし方はどんどん増えてい...
ボタンダウンシャツのオシャレな着こなし方
ボタンダウンシャツは襟元にアクセントがあるので、そこを隠さないようなコーディネートを考えます。具体例としては、デニムカラーのボタンダウンシャツに紺のカーディガンを合わせます。下は、ベージュのパンツにショートブーツを合わせれば、大人系カジュアルの出来上がりです。また、フォーマルに見えがちな白のボタンダウンシャツなら、柄ベストと合わせることでカジュアルになります。上にジャケットを羽織ると、キレイ系の大人の着こなしができます。もっとカジュアルにしたい場合は、厚手のボタンダウンシャツを使います。ボタンダ...
デニムシャツのオシャレな着こなし方
デニムシャツを着ると、しっかりとした男性らしさをアピールできます。生地は厚手のものから薄手のものまで色々ありますが、ジャケットと同じような感覚で着こなします。デニムシャツは濃い色のものがほとんどなので、インナーには明るい色を持ってきます。デニムシャツと相性がいいのは、白のインナー。白のTシャツやタンクトップがあれば失敗がありません。また、デニムシャツと相性のいいパンツと言えば、ベージュのチノパンです。デニムオンデニムもありますが、色の組み合わせが難しかったりします。どんなデニムシャツにも合わせる...
ジレのオシャレな着こなし方
おしゃれに決めたい時におすすめなのが、ジレです。ところで、ジレとはなんでしょうか?これは、簡単に言えば、ベストのことです。シンプルなシャツに1枚合せるだけで、おしゃれ度が格段にアップします。最近はカジュアルめのシャツにやわらかい素材のジレを合わせる組み合わせが、男性に人気です。一見、上級者向けのファッションだと、敬遠しがちですが、シンプルで、合わせやすいものが多く、ワンランクアップしたい、おしゃれ初心者にも使いやすいアイテムです。使い方が不安な方は、最初からシャツとセットになっているものを選ぶと...
ニットのオシャレな着こなし方
インナーにもアウターにも使えるニットは、伸縮性が良くて着心地も抜群です。やさしい風合いなので、落ち着いた大人の着こなしができます。ボーダーやリブデザインといったVネックのニットは、着ただけでオシャレにキマルので簡単です。ジーパンに合わせても、男性的な魅力も増す着こなしになります。ニットベスト+シャツの組み合わせは、試したことのないような柄物に挑戦するチャンスです。アーガイルやノルディック柄など、色が多少派手でも上にジャケットを羽織れば、チラッと見せでオシャレになります。シャツにカーディガンを羽織...
パーカーのオシャレな着こなし方
カジュアルにおしゃれを楽しみたい方に欠かせないのが、パーカーです。重ね着のインナーに着て、フードを見せたり、トレーナー素材の厚手のたっぷりしたタイプを、ジャケット代わりに着るなど、さまざまな楽しみ方ができます。パーカーは子供っぽいというイメージがありましたが、最近はシンプルでスタイリッシュなデザインのものが増えてきており、男性の「大人のカジュアル」として選ばれています。例えば、プルオーバータイプのパーカーを持っていると、とても便利です。1枚でシンプルに来ても素敵ですし、ジャケットと合わせることも...
カーディガンのオシャレな着こなし方
冬の節電に伴って、注目を浴びているのが、カーディガンです。オフィスの設定温度が下げられ、寒いけど、スーツのジャケットを着たままでは仕事がやりづらい。そういう時、さっと羽織れるカーディガンがあると便利です。職場で着るものならシンプルで機能的なものがおすすめです。ウォームビズ対策用のものが販売されているので、チェックしてみましょう。また、プライベートでも、カーディガンは大活躍します。最近はショールカラーのものが、男性の大人カジュアルで人気になっています。特にロング丈をさらっと着ると、ゆったりとした縦...
ジャケットのオシャレな着こなし方
肌寒い時期やワンランク上のおしゃれを楽しみたい時に、ジャケットがあると重宝します。一口にジャケットと言っても、定番のテーラードカラーのものから、スリムなシルエットが素敵なニットジャケット、カジュアルなもの、ワイルドなレザーやデニム製など、さまざまなタイプがあります。着回しができるものを1着持っていると、コーディネートに便利です。例えば、オーソドックスな紺のテーラードカラーのジャケットであれば、カジュアルにもトラッド風にも着こなすことができます。ややスリムなラインのデザインがおすすめです。白のボタ...
コートのオシャレな着こなし方
せっかくおしゃれをして外出しても、真冬で寒く、結局、最初から最後までコートを着たままだったと言うことはありませんか?コートはずっと見られているアイテムなんですね。おしゃれを意識した物を着用するべきです。大人の男性に人気があるのが、暖かく機能的なミリタリーコートや定番のピーコートです。最近は、ショート丈のダッフルコートも人気があります。学生のアイテムというイメージが強かったダッフルですが、カラフルな柄物やミリタリー風など、カジュアルな印象のものが増えています。ダッフルは、少し暖かめの日には、前を開...
ボトムスのオシャレな着こなし方
ファッションをコーディネートする時に、どうしてもトップスを先に決めて、ボトムスは二の次になってしまいがちです。しかし、ボトムス選びは全体の雰囲気を大きく左右するアイテムです。かっこよさを意識したい、男性の大人カジュアルでは、大切なポイントですね。大人カジュアルのボトムスの選び方は、まず自分の体型に合ったサイズを選びましょう。特に丈は、適度な長さにします。靴を履いていても、裾からソックスが常に見えるものは短すぎます。また、ダブッとしたラインは、やや幼い印象になります。サイズがピッタリと合った、スト...
デニムのオシャレな着こなし方
デニムは、持っていない男性はいないのでは?というくらい、定番のファッションアイテムですね。特にジーンズは、どんな服にも合わせやすく、着回しがききます。「デニムを着た男性は嫌い」という女性もあまりいないので、好感度も悪くはありません。それだけに無難に走ってしまいがちなアイテムとも言えます。ジーンズの種類は、オーソドックスなストレート、足が長く見えるブーツカット、足のラインがしっかりと出るスキニ―、体型を隠してくれるバギーなど様々なものがあります。着てみて、自分にしっくりくるものを選びます。トップス...
チノパンのオシャレな着こなし方
20〜30代になったら、チノパンを大人っぽく着こなす工夫を少しずつしていきます。まず、シルエットのキレイなオシャレチノパンを選ぶようにします。ダボッとしたチノパンは、だらしなく見えてしまうことがあるので清潔感が出せなくなってしまいます。上に合わせるTシャツやポロシャツも、ただ着るだけでなく重ね着を楽しむといいかもしれません。そこにジャケットを組み合わせれば、簡単に大人系の着こなしになります。また、チノパンと相性のいいデニムシャツなら、大人っぽさに男らしさもプラスすることができます。チノパンに合う...
カーゴパンツのオシャレな着こなし方
ダボッとしたシルエットのルーズなカーゴパンツは、カジュアル感たっぷりで、10代向けのファッションというイメージですね。ところが、最近は大人カジュアルとして、男性にカーゴパンツが注目されています。大人っぽく着こなすには、やや細身のラインのものを選びましょう。合わせるトップスは、タイトなラインのものを選ぶと、全体的に締まった印象になります。おすすめのコーディネートは、白いシャツにテーラードカラーのジャケットです。トップスのキチンとした印象をカーゴパンツが微妙に崩すことで、大人のおしゃれを楽しめます。...
ハーフパンツのオシャレな着こなし方
ハーフパンツは暑い時期には欠かせないアイテムですが、どうしても子供っぽくなってしまう場合があります。大人っぽいオシャレな着こなしをするためには、まず丈の長さを確認する必要があります。膝小僧が全部出てしまうと幼い印象が強すぎるので、隠れるくらいの長さが理想的です。キレイめのハーフパンツにすると、大人っぽい着こなしができます。上は、シンプルに白いシャツにしたり、ポロシャツでも落ち着いた印象になります。レザーのブレスレットと、レザーのサンダルを合わせれば、まとまったファッションになります。春先から夏に...
ハイネックのオシャレな着こなし方
ハイネックとタートルネックは同じもののような感じがしますが、実際は少し違います。首元を折り返して着るのがタートルネック。タートルネックのように、それ一枚着ただけではあまり決まらないのがハイネック。ハイネックは、ジャッケットのインナーとして使うとオシャレに着こなすことができます。黒やグレー、ネイビーといった濃い色を揃えておけば、困ることがありません。濃い色のインナーは、明るい色のジャケットを合わせてバランスをとることが大事です。インナーとパンツを同系色の濃い色にすると、すっきりとした引き締め効果も...
Vネックのオシャレな着こなし方
色気のあるファッションに挑戦したい時は、Vネックが効果的です。首から鎖骨にかけての男性らしいラインを強調することができます。Vネックはインナーとして、またベストやセーターとして着こなします。スーツやジャケットのインナーとして着る場合は、少しタイトなものを選ぶようにします。サイズに余裕があると、カジュアルになりすぎてしまったり、だらしなく見えてしまいます。アウターとインナーの色は、明暗の区別をしっかりつけることでさらにスッキリと見せることができます。ベスト・セーターの場合は、明るすぎる色を選ばない...
五分袖のオシャレな着こなし方
半そでと数センチしか違わないのに、その差が大きいのが五分袖です。数センチの違いが落ち着いた印象を与えてくれます。五分袖はスッキリと見えるので、パンツもスッキリとクロップドパンツが似合います。丈の長いパンツなら、ジーパンよりもチノパンの方が爽やかな印象でまとめられます。白のスニーカーでカジュアルに、オシャレな革靴できれいめに決めることもできます。そのまま一枚着ても決まる五分袖ですが、適度な長さなので重ね着も楽しむことができます。ポロシャツの下に着たり、Tシャツの下に着るだけでオシャレ度がアップしま...
七分袖のオシャレな着こなし方
中途半端な七分袖は、中途半端な季節に大活躍してくれます。インナー・シャツ・ジャケットなど、種類も豊富に揃っています。春先は薄手の七分袖をジャケットのインナーとして着ます。インナーなので、ピンクやグリーンなど、春らしいカラーに挑戦してみるのもいいかもしれません。シャツは、襟の内側や袖口の裏に柄物の裏地が施されているものが、さりげなくてオシャレです。七分袖ジャケットは、それだけでオシャレな着こなしが成立します。デニム地のジャケットなら、中に白いタンクトップを合わせて爽やかな男らしさを演出できます。秋...
部屋着のオシャレな着こなし方
部屋着に凝る人は、それほどいないかもしれませんが、突然人が訪ねてきた時、あるいはちょっとだけ外に出る時なども、部屋着をいくつか持っていると良いです。部屋着は、清潔でシンプルで、気軽に着れるものが一番です。定番は、スウエットパンツやTシャツなどですが、汚れているものはNG。いくら部屋の中であっても、ある程度気を配るほうがいいでしょう。部屋着は、3〜4着くらいそろえたいですね。汚れたら、気軽に洗える素材でもあることも条件でしょう。それほど高価なものでなくても十分で、例えば、オンラインショップで、上下...
パジャマのオシャレな着こなし方
最近ネットを見ていると、パジャマの通販をしているサイトがずいぶん多いことに気が付きます。パジャマもそれだけ、洋服と同じくらいの需要が高まっている証拠かもしれません。女性のパジャマも種類も膨大な量がありますが、男性のパジャマもかなりの種類があるのには、驚かされます。デザインは比較的オーソドックスなものが多いですが、柄や素材にさまざまなものがあります。また、色も従来のような淡い色以外にも、カラフルな色あいのパジャマもありますので、本当にバリエーションが豊富です。こうなると、パジャマにも個性が出せる時...
レギンスのオシャレな着こなし方
レギンスに挑戦する時は、黒やグレーから始めるとあまり抵抗を感じません。ハーフパンツやクロップドパンツと合わせて履きます。黒いパンツなら、黒とグレーのレギンス両方を合わせやすくなります。しかし、黒×黒では少し重たくなってしまうので、このような場合はレギンスの丈の長さを短めにします。グレーのパンツも、2色のレギンスを合わせやすいものです。グレー×グレーは、パンツが濃いグレーならレギンスは薄いグレー、というように色の濃淡で差をつけるようにします。慣れてきたら、少し派手な柄にもどんどん挑戦してみます。柄...

プロバイダ